けいとけーのメモ書き

私は絶滅危惧種です。燃やさないでください。

五線譜を改善してみた

結論から言うと、こういう、五線譜の改善版を作ってみた。

f:id:KeitoKay:20170318235907p:plain

 

作成経緯を、大げさにお話ししよう。

私がピアノをやっていたのは小3〜小5の3年間。パソコンでDTM(デスクトップミュージック。パソコンでやる作曲みたいなもの)をしていたのは、小5から現在大2に至るまでの10年間である(残念ながら断続的な10年間であるから、ぎゅっとしたら実質4年くらいだと思う。)

なので、五線譜にペンを走らせるよりも、パソコンにクリックした方が作曲の進みが早い人間だった。

 

DTMでは、ピアノロールと呼ばれる画面に音符を入力していく。横軸に音の高さ、縦軸に音の長さがグリットされてある。だから、四分音符はこう書くとか、16分音符はこう書くとか、小節をまたぐスラーはこう書くとか、そういった「音価」の表記法を知らないままに、作曲できてしまったのだ。音を長く鳴らしたかったら、音符をクリックしてドラッグすればいいだけの、簡単な話だった。

 

そんな人間が五線譜に直面したとき、なんて声を発するだろう。

 

中1のころの第一声は、「めんどくさいことしてんな」だった。

 

なんで、わざわざ音符一つ一つに長さを書き込まなきゃいけないのか。

なんで、線が足りないのに「五線」譜にこだわってるのか。音が足りなくなったりして、上や下に線を足しまくってようやく表記できるの、完全に制度的な欠陥じゃないか。ばかなの?

なんで、ヘ音記号ト音記号でドの位置が変わっちゃうのか。覚えることを増やしているだけで、一体こんなシステムで誰が得をするのか。

 

そういった不満があって、五線譜にはほとんど触れることはなかった。

 

 

 

五線譜にもう一度目を向けてみようと思ったのは、つい先日のことである。

 

一曲を作り上げる際、メロディのボツ案がその5倍は出る。そのボツ案が別の曲に使えると判明して以降、こうしたボツ案を逐一保存することにしたのだが、その数が最近膨大になり始めた。メロディー一つ一つ、デジタルファイルとして保存していたためである。

こうした保存形式は閲覧性に乏しい。なんせ、どんなメロディーが入っているかはファイル名からは想像もつかない。Aメロ用、Bメロ用みたいななんとなくの分類はしていたけど、ジャンルが違ったりして適合がうまくいかない。

そして、一つのファイルを開くのに、ちょっとした時間がかかる。開いてからしばらくソフトウェアの起動を待ち、再生ボタンを押した後に全部聞かなければならないのだ。

なにより、複数ファイルの比較がしにくい。どれがいいかなーと選択する作業を脳内でやらねばならない。例えるなら、試着室が売り場から200mくらい離れている上に、持ち込める服は一着しかない、みたいな状況である。比べるたびに売り場を往復して、脳内で着た感じを比較しなければならない。これでは作業がはかどらない。

 

なので、五線譜を改善して、アナログデータで扱うことにした。

改善したのは以下の点である。

・音が足りなくて線を追加するのはアホらしい

 →線を増やした。3オクターブ分確保している。

ト音記号ヘ音記号の違いで音が変わるのはアホらしい

 →ドを固定した。両端にドを示す黒点を打った。

・音ごとに音価を書くのはアホらしい

 →小節内に16分、8分3連の補助線を追加した。そこに丸を付けるだけで、音を鳴らす位置を明示できる。音を伸ばしたかったら、その分伸ばし棒を追加すればいい。

 

あとはChordと歌詞を書き込める場所を追加した。これでだいぶ捗る、気がする。

 

 

ピアノロール族の皆様、使ってみてください。

 

けいとけー